2018年12月23日(日)

牧野順也 クリスマスランチ/ディナーコンサート

ヴァイオリン 牧野順也   /   ピアノ 牧野さゆり
ご料金;7,000円(コース料理・ウェルカムドリンク込)
 
 
ランチ
開場 11:30
お食事スタート 12:00
開演 13:00
 
 
ディナー
開場 17:30
お食事スタート 18:00
開演 19:00

プログラム
ホール・ニュー・ワールド(映画「アラジン」主題歌) チゴイネルワイゼン(サラサーテ)
川の流れのように(美空ひばり) タイスの瞑想曲(マスネ)
その他、クリスマスを彩る音楽をお届けいたします。

チケット予約
三島テラス tel 055-928-7100

牧野順也 tel055-975-0611


【Vaiolinist Profile】 牧野 順也 Junya Makino  
 
 静岡県三島市出身。3歳よりスズキ・メソードでヴァイオリンを始める。静岡県立韮山高等学校卒業。東京音楽大学卒業、オーストリア国立グラーツ音楽演劇大学卒業、International Ensemble Modern Academy Frankfurt 終了、スイス・バーゼル音楽院演奏家過程及び現代音楽過程終了。日本で、ヴァイオリン及び室内楽を高尾亨、三戸泰雄、齋藤真知亜の各氏に、国外ではアンケ・シッテンヘルム女史、ライナー・シュミット(ハーゲン弦楽四重奏団)の各氏に師事。その他ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスター、サシコ・ガヴリーロフ、国際的オーボエ奏者であり作曲家のハインツ・ホリガーの各氏をはじめ様々な著名音楽家の薫陶を受ける。2014年7月、独奏者として東京オペラシティ リサイタルホールにてプラハ交響楽団及びチェコ・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーからなるパルナス弦楽五重奏団と共演、ヴィヴァルディ 四季 全曲を演奏し、好評を博す。2015年12月より、ウクライナの首都キエフで現d内音楽祭「Kyiv Contemporary Music Days(KCMD)」をVice President及び芸術監督として主催。ウクライナ国内の主要ラジオ・テレビに取り上げられ、好評を博す。2014年以降定期的に在籍しているドイツ・フランクフルトの現代音楽アンサンブル集団Ensemble Modernのメンバーをはじめヨーロッパの著名作曲家・演奏家をその音楽祭に招聘し、自身も演奏者として、2018年6月までに90公演を超えるコンサートを主催・演奏する。2016年9月、独奏者として同音楽祭にてリゲティ ヴァイオリン協奏曲をウクライナ初演。2018年6月、ポルトガルの首都リスボンで現代音楽祭「touchpoints」を主催し、好評を博す。現在はスイスのバーゼルに拠点を置き、ヨーロッパおよびウクライナで現代音楽の普及を核として活動を展開している。